お知らせ【新型コロナ関連】
お知らせ【新型コロナ関連】
作成日:2020/11/07
働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)



概要

新型コロナウイルス感染症対策の1つとして、病気休暇制度や、お子さまの休校・休園に関する特別休暇制度を整備し、従業員が安心して休める環境を整備することが重要です。
このコースでは、特別休暇制度を新たに整備の上、特別休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。
 
  <就業規則 規定例>

第○○条 特別休暇
 職員は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、次に掲げる状況に該当する場合には、必要と認められる日数について、特別休暇(有給)を取得することができる。
一 新型コロナウイルスに係る小学校や幼稚園等の休校等に伴い子の面倒を見る必要があるとき、その他やむを得ない社会経済的事情があるとき
二 妊娠中の女性労働者、高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患等)を有する労働者から申出があるとき
三 新型コロナウイルス感染症に罹患の疑いがあるとき

助成内容

支給対象となる事業主

支給対象となる事業主は、労働者災害補償保険の適用事業主であり、以下に該当する中小企業事業主(※)です。

  1. 新型コロナウイルス感染症対策として、特別休暇の規定を新たに整備すること

支給額

取組の実施に要した経費の一部を支給します。

  1. 以下のどちらか低い方の額
  2. (1)対象経費の合計額×補助率3/4(※)
  3. (2)1企業当たりの上限額(50万円)
詳しくは下記をクリックしてください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)


お問合せ
エリィ社会保険労務士事務所
〒982-0841
宮城県仙台市太白区向山
4丁目14番18号
TEL:090-6683-1081
FAX:050-1354-2665